Posts categorized "DIY"

2013.02.19

ブログ移行のご連絡

早いもので「あぁ、これも運命。」も9年目に突入しました。
最近はフォト蔵を併用しながらちびちび使ってきましたが、
ついに駄作ばかりで2GBを埋めつくしてしまいました (^^ゞ

ココログのまま容量を増やすことも可能ですが、
かれこれ20年以上もnifty一本なのに最近変な勧誘が来るし、
そろそろプロバイダーを変更できるようにしておこうかなと...

ということで、別館として確保していた下記URLへ移行します。

あぁ、これも運命。 Part2
http://mouton1.blog.fc2.com/

今後ともよろしくお願い致します。

お手数をお掛けしますが、リンク、ブックマークの変更をお願いしますm(_ _)m

201104_imgp8526_1024f

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.04.05

東日本大震災チャリティーショッピング(最終報告)

掲載をサボっていたチャリティーショッピングですが、
その後も踏んでくださった皆さま、ありがとうございました。

成果報酬は、
10月945P、11月141P、12月607P、1月807P、2月660P、3月107Pで、
合計3267Pとなりました。

20110112

20120103

ご報告が遅くなりましたが、皆さまのご協力により得たアフィリエイト報酬は
日本赤十字社を通じて東北地方太平洋沖地震の被災者義援金として寄付させていただきました。

201203_imgp1863_500

震災から一年が経過し一応今回でブログ上での報告は最後にさせて頂きますが、
これからも超非力ながらお気楽な当ブログと共に細々と活動いたします。
また気が向いた時に、これ運のチャリティーショッピングを踏んで頂ければ幸甚に存じます。

ご協力、本当にありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.05

エンジン不調復活とSnap-on Tools

10月で我が家にやってきて2年を迎える鳥撮り&通勤専用車がエンジン不調。

症状は、始動してしばらくの間加速時にボボボッボッボボと吹け上がらなくなり、
そのまま走り続けると(エンジンが暖まると)気にならなくなるというもの。

日増しに発生頻度が多くなってきたので、とりあえずプラグでも見てみようかと
1番シリンダーのプラグにボックスレンチを突っ込んでみると、プラグホールが水浸し・・・なんじゃこりゃ(笑)

水分を除去し、一応全気筒のプラグを確認して作業終了。
プラグホールに水が入ったことによるリークで失火していたのが不調の原因でした。(^^ゞ

201109_imgp2909_1024

201109_imgp2908_1024


久々に工具を使ったので、ちょいと磨いて記念写真をパチリ(^ー^)
201108_imgp2927_1024

もう20年も前に毎月少しずつ増やしたスナップオンツールの一部。
今ではホームセンターやハードオフでも入手できますが、当時取扱店が全然無くて超憧れの存在でした。
たまたま知り合ったバンセースルの兄ちゃんがとても良くしてくれて、セールの度に色々おまけしてくれたり、
少しの傷をメッキ剥がれということで交換してくれたり、とてもお世話になりつつ魅力にハマったものです。
「永久に保証するから少し高いけどすぐに元が取れるよ」言ってくれていたのでずいぶん甘えたものでしたが、
当然ながらそんなことが保証規定には書かれているはずはありません。(^ー^)

その後バンの兄ちゃんと会う機会が無くなり、永久保証の恩恵は受けられなくなりましたが、
傷だらけでメッキのくすんだ工具たちは、また遊び車(もしくはバイク)が来て活躍する日を
静かに待ってくれているように思えます。(自分とって都合の良い思い込みとも言う)

やはり工具はスナップオンか100均でしょう!(^ー^)
(ラチェットはFACOMの方が使い易いけど)

PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8(A16)
画像クリックで拡大表示

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2011.04.11

東日本大震災チャリティーショッピング

被災された方々に心から哀悼の意を表します。

東日本大震災より1ヶ月が経過し、警察庁の発表によると、4月11日15時の時点で死者は1万3127人。行方不明は1万4348人。被害の全容はいまだ把握されておらず、復興への道のりは遠く、依然15万人近くが避難生活を強いられている。特に放射能漏れ事故を起こした福島第1原発を抱える福島県の避難指示圏内はほぼ手つかずの状況という。 
これ運に書くのをためらっていましたが、あらためまして、被災された地域の皆様とご家族の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

本日、震災後二度目の義援金振込みを終え帰宅途中、アップフロントエージェンシーの東日本大震災チャリティーイベントの様子をラジオで聞きながら、私にも無理なく続けられることは無いか考えていてアフィリエイトを思い出しました。
アフィリエイトとは、ブログに貼った商品紹介バナーから買い物をしていただくと、その商品価格の数%程度が報酬として支払われるシステムで、ブログ左側の“ITEM”に貼っているお気に入り機材のリンクがそれです。
まったく力を入れておらず期待もしていませんでしたが、こんなお気楽ブログでも踏んでくださる方がいらっしゃって、成果を見たらここ一年間で合計一諭吉を超える報酬を受けていました。

ということで、
本日4/11以降、ワタクシが本ブログにて楽天市場より受け取るアフィリエイト成果報酬を、日本赤十字社を通じて東北地方太平洋沖地震の被災者義援金として寄付させていただきます。

アフィリエイト報酬は楽天ポイントで支払われるのでこちらで現金化します。もし万が一ワタクシが現金化できるキャパを超えてしまったらこちらの東北地方太平洋沖地震の被災者義援金についてを利用してポイントにて寄付させていただきます。

楽天市場利用者にはもちろん、私にも負担は一切無く、みなさんで楽しく買い物するだけで義援金を寄付できる。
みなさんが消費すれば日本経済が回ります。 まさに一石三鳥!!
我ながらグッドアイデアではありませんか(^ー^)

何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

◆ご利用方法
楽天市場でお買い物をされる際に下記の楽天バナーから楽天サイトへ行き、買い物をしていただくだけです。

◆楽天カードについて
楽天カードをお持ちですと最低でも商品価格の1%のポイントがつきますので、カードを持たれていない方はこれを機に作られる事をおすすめいたします。その際に楽天カード紹介キャンペーンを利用することで更なる報酬を得られます。もしよろしければ、この報酬も義援金にさせていただきたいと思いますのでコメント欄にメールアドレスをお寄せください。(コメントは非表示になっています)

◆結果報告について
成果ポイントおよび寄付の結果はブログ上で都度報告してまいります。

◆期間:平成23年4月11日(月)~平成23年9月30日(金)

◆直近の成果履歴を下に添付いたします

<売上げ金額>
20110411_linkseika

<受け取ったポイント数>
2011_seikapoint 2010_seikapoint



★楽天市場でお買い物の際は↓こちら↓からお願いいたします★

楽天市場トップページ

今こそ再確認を!防災グッズ特集!

特別企画や季節特集のバナーです。

ポイント企画のバナーです。



ヤマセミグッズ

【送料無料】ヤマセミの暮らし

【送料無料】ヤマセミの暮らし
価格:1,680円(税込、送料別)

やませみ太田勇画 ジークレ版画

やませみ太田勇画 ジークレ版画
価格:4,700円(税込、送料別)

<送料込> 槐 龍童作 ヤマセミ

<送料込> 槐 龍童作 ヤマセミ
価格:53,000円(税込、送料込)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.07

自作カメラマウントシステム Rev.2

400円で作成した自作カメラマウントシステム Rev.1@カマボコボーグ。見た目はちょっとアレですが、軽くてヘリコイドの動きがとてもスムーズになり、それなりに気に入っています。
BORGからはこんな素晴らしいヒップサポートが発売されますが、カマボコボーグをちょっとだけバージョンアップしてみました。

今回新たに追加したBORGパーツは鏡筒バンド(品番:5501)です。
元々付けるつもりでカマボコ板を長めにしておいたので、バージョンアップというほどのものではありませんが、今まではカマボコ板に鏡筒をネジ1本で固定していたので、使っているうちにカマボコ板に対し鏡筒の角度が微妙にズレてしまい、撮影するたびに少しずつ角度を修正する必要がありました。
回転止めだけなら鏡筒に開いている1/4インチ以外のネジ穴4個を利用する手もありますが、前後方向の剛性アップも期待しつつ鏡筒バンドを追加してみます。

まずは純白な鏡筒バンドに迷彩色化を施します。
鏡筒バンドの各部品を固定しているネジをすべて取外してバラバラにし、800番のサンドペーパーで全体的に艶が無くなる程度に下地処理をして、100均の缶スプレー「ライトブラウン(半艶)」で塗ってから(ついでにカマボコ板も塗りました)、カモフラージュ布テープを貼ります。ホビーズワールドのカモフラージュ布テープは斜めに伸びてくれて、鏡筒バンドのような曲面形状でもキレイに貼れるので超goodです。
先に色を塗ったのはカモフラージュ布テープが貼れない(貼るのが面倒な)細かい部分の下地色が見えることを想定したこだわりのつもりだったのですが、カモフラージュテープを持って行かずに記憶色で選んだライトブラウンはちょっと薄かったようです。でもまあ、純白がモロに見えるよりはマシということで・・・。(苦笑)

次にカマボコ板への取付けです。
鏡筒バンドはドロチューブホルダーのマウント部よりも3mm弱程度高いので高さを合わせてあげる必要があります。ラジコン余りパーツの2mm厚プラワッシャーをドロチューブホルダーとカマボコ板との間に入れ1/4ボルトで固定し、カメラの下に取付けているクイックシューとカメラとの間に1.5mm厚のワッシャーを入れました。カメラ側に向かって低くなる傾斜が付いてる事になりますが、ドロチューブのガタの範疇なのでとりあえず良しということで。(妥協笑)


200903_dscf4952s


200903_dscf4942s


200903_dscf4948s

ちょっと見た目がゴツくなってしまいましたが、フロント部分が剛性アップして良い感じです。
鏡筒バンド上部のカメラネジ(オスネジ)は照準器のフロント側として使えそうなのでリア側をちょっと考えてみましょう。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.01

ウッドデッキ ニス塗り

ファミリー・ライフの通信販売で購入した、「なんちゃってウッドデッキ」。かなり色が褪せてしまいましたので、ニスを塗ってみることにしました。

格安ウッドデッキにお金をかけるのもアレですが、油性のウレタンニスが2缶で3600円程度。色は一番明るめの「けやき」を選択。
200902_imgp7145s

スチールウールとサンドペーパーでざっと表面を整えたら、2度に分けて塗りまくります。
200902_imgp7149s


before
200902_imgp7140s


After
200902_imgp7154s


安物ウッドデッキでも手をかけてあげると愛着がわいてきますね。(^^)


PENTAX K100D Super
TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR Di (A09)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.31

自作カメラマウントシステム Rev.1

BORG77EDII望遠レンズセットに付属のヘリコイドMは、カメラの自重が加わるとたわんでしまいスムーズに回ってくれなくなるため、雲台のパンパーを脇にはさみカメラを持ち上げ気味にしたり、雲台のスライディングプレートを一番後ろにセットしてカメラ側加重にしてカメラを持ち上げ気味にして回しています。
しかし、これがなかなかクセモノで、ここぞというシャッターチャンスに焦って変に力を入れてしまうとスムーズに回ってくれず、何度もチャンスを逃していました。

強度UP版のヘリコイドMDXや、マイクロフォーカス接眼部セットや、フェザータッチフォーカサーなど優れたパーツも出ていますが、世のデジボーグな皆さんはそれぞれに工夫をこらして対策を施してようなので、まずは私もホームセンターで材料を調達してサクッと自作してみました。

名づけて「カマボコボーグ」。(かっちょわり~)

200901_imgp7158s


200901_imgp7159s

45mm×24mmの角材をドロチューブとヘリコイドを一杯まで伸ばしてもカメラが落ちない長さに切断します。(後からバンドを追加できるように前側を長くしてあります)
スライディングプレートと固定する穴を二つ開けM5のボルトナットで固定し、鏡筒を固定する穴を一つ開けW1/4のボルトで固定します。
最後にカメラがスライドする部分に100均で売っている敷居の溝に貼る滑るテープを貼ります。
このままだとK100D Superの場合、カメラの下に9mm程度の隙間が空いてしまいますが、手持ちの三脚用クイックシューが高さ9mmでドンピシャだったのでこれを装着し完成です。

見た目はまさにカマボコになってしまいましたが、ヘリコイドの操作がとてもスムーズになり良い感じです。(^ー^)
重量バランスが後ろ寄りのためロングタイプのスライディングプレートを買おうか迷っていましたが、鏡筒の固定を少し前側にオフセットさせたおかげで重量バランスも良い感じになりましたし、なにしろ軽いし。400円程度の低予算にしてはなかなかのデキではなかろうかと・・・。(自画自賛)
これでジャスピン率向上間違いなしでしょう。(ほんとか)


PENTAX K100D Super
TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR Di (A09)
PENTAX AF540FGZ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.12

自作照準器 Rev.1

超望遠レンズは画角が狭いため、遠くにいる鳥さんをファインダーに入れるのが一苦労で、やっとこさファインダーに捕らえたと思ったら飛んで行ってしまうということが多々あります。
世の中にはこういったステキな照準器も売られていますが、何かと出費の多い今日この頃、ポチッとしたいのは山々ですが、ここはグッとこらえて知恵を絞ります。

最近は被写体とBORGレンズ先端とカメラのホットシューの少し上との位置関係を目安にすることで、それなりにファインダーに導入できるようになってきているので、今まで目見当で距離を測っていたホットシューの少し上の部分に目印となるものを付ければより精度があがりそうです。
ということで、超原始的な照準器をサクッと自作してみました。

用意した材料は、子ども部屋のクローゼットに眠っていたラジコンのシックアブソーバ部品と、カーボンプレート(シャシーの残骸)とボルト&ナットです。
カーボンプレートからホットシューに収まる部分と、高さを調節する部分と、目印を取付ける部分を切出します。
切出すと言ってもニッパでパチパチ切ってヤスリで形を整えて穴を開けるだけの簡単作業です。
200901_imgp6132s

部品が準備できたら瞬間接着剤で3つのパーツを合体します。
200901_imgp6135s

ネジを入れて目印となるショックアブソーバ部品をねじ込んだら完成です。
200901_imgp6136s

カメラに装着するとこんな感じに、ショックアブソーバ部品のねじ込み量で目印の高さを微調整します。
200901_imgp6143s


見た目はもの凄くチープですが、ヒット商品の予感・・・。(おいおい)
次回フィールドで試してみましょう。

PENTAX K100D Super
TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR Di (A09)
PENTAX AF540FGZ

| | Comments (0) | TrackBack (0)