« 青空とろっくん | Main | 蓮とスズメ »

2012.07.16

雲と電線と富士山

本日の移動中の一枚。
進行方向の富士山がちらっと見えたのですぐに車を停めてパチリ。
雲と電線と富士山

先日のU字型の川からの雲と夕日絡みに期待していましたが
この数分後には富士山どころか空もまったく見えなくなってしまいました...(TーT)

こんなに大胆に電線を入れた富士山写真は他では見られないですよ~ (^^;

PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

追伸

ボーナスの時期です。
我が家の場合、ボーナス自体は一瞬で家と息子の学費に変わってしまいますが(生きるってお金が掛かりますねぇ)、
出る出ない多い少ないに係わらず日本経済を回すためにも自分へのご褒美としても何かと出費の必要な時期です。

昨年の凍死寸前な富士登山からゴアテックス貯金をしてきて、
レインウェアはノースフェイスにするつもりでゴアで最軽量のレインテックス プラズマを見てみたら緑or迷彩系な色が無く、
他メーカーも含め色々と迷い悩み考えた末、高校サッカーのスパイクと言えば(意味不明)やっぱりミズノでしょう...ということで、
100回洗濯しても水弾きの良い高性能レインウェア、ミズノのベルグテックにEXに決定。
お値段はプラズマの三分の一で、ゴアテックスに負けず劣らずと云われる性能に期待。

そして、富士山2回と鳥撮りの普段履きで愛用してきた2,980円なトレクスタのトレッキングシューズの次期相棒として、
メレルのカメレオンとモンベルのGORE-TEX ツオロミーブーツ ワイドと迷った末、
履いた感じでトレクスタのエボリューション(オレンジ)に決定。
ゴアテックスファブリック採用の最安値かな?快適に歩ければOKです。

帽子は既にゴアテックス迷彩を愛用しているので上から下まで防水透湿(Waterproof Breathable)対策はバッチリ、
これでもう凍死寸前になることは無いでしょう。

ということで、予定よりだいぶ予算が浮いたので、この勢いでずっと迷っていたCS6をポチっときました(^^)
撮影の下手さをソフトにカバーしてもらうというのもアレですが (^^;
Photoshopは写真屋さん&星撮りさんのデファクトスタンダードですから買える時が買い時ということで。

さあ、これで言い訳はできません。(もともと言い訳はしませんが)

最高に気に入っているレンズを自分の好きな組み合わせで好きなように使って、
最高に気に入っているカメラを自分の好きな設定で使って、
最高に気に入っている被写体を自分なりの接し方で撮って、
最高に気に入っているソフトで現像&画像処理するんですから。

これで良い作品を生み出せなければ、すべてワタクシの不甲斐無さ。
今後の修行のしがいがより一層高まるってものです。

これも、運命なんですね (^^)

|

« 青空とろっくん | Main | 蓮とスズメ »

125SD」カテゴリの記事

Birds」カテゴリの記事

BORG50」カテゴリの記事

BORG77EDII」カテゴリの記事

Hardware」カテゴリの記事

Others Photo」カテゴリの記事

Snap」カテゴリの記事

Software」カテゴリの記事

アクロマートAF-BORG」カテゴリの記事

ミニボーグ45EDII」カテゴリの記事

ミニボーグ50」カテゴリの記事

ヤマセミ」カテゴリの記事

天体」カテゴリの記事

富士山」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

星景写真」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

Comments

先日はありがとうございました。
やはりAF-Borgのレデューサを調べていた時に、ここで勉強させて頂きました。
今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: きなこもち | 2012.07.17 at 16:41

きなこもちさん、こんばんは。
うまく書き込めていないのかと思ったら、コメントがダブッていましたね(^^;
申し訳ございません。
今回のアオバトも良いですね~、私もまた行きたいです。
今後ともよろしくお願いします。

Posted by: mouton | 2012.07.17 at 22:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78150/55212477

Listed below are links to weblogs that reference 雲と電線と富士山:

« 青空とろっくん | Main | 蓮とスズメ »