« June 2012 | Main | August 2012 »

July 2012 posts

2012.07.31

キョロロ飛翔

往復1,600kmの遠征より無事帰還いたしました (^^)

大自然の素晴らしさに癒され、温かい地元の方々との交流に感動し、
鳥撮りの奥深さを超感じ、とても有意義な旅となりました。

キョロロの森1

キョロロの森2

肝心のキョロちゃんの出は良い方では無かったと思われますが
はりぃさんの事前調査のお陰で無事会うことができました (^^)

キョロロ飛翔

キョロロの森3

キョロロの森4

キョロロの森5

キョロロの森6

キョロロ採餌

キョロロの森7

現地でお会いした皆さまありがとうございました。
aydの皆さまお疲れ様でした。

少しずつ現像してみます。

つづく


PENTAX K-5
BORG125SD (500mm,F4)
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2012.07.28

キビタキ

富士登山の翌日。

何を思ったのか筋肉痛な足を引きずり富士山をぐるっと一周。

今年初撮りのキビタキ氏が出迎えてくれました (^^)

キビタキとメジロ

土の上のキビタキ

今晩からちょいと出撃してきます。

PENTAX K-5
BORG125SD + AFセット
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.27

富士登山4

最終回は下山。
今回は6合目まで御殿場ルートで下り、大砂走りへ行かず宝永山、宝永火口を経由して富士宮口五合目へ下るルート。
上りに使用した富士宮ルートはほとんど岩の階段で勾配もきついため下りは脚への負担が大きいですが、
このルートは少し距離は長くなるものの小走りで楽に下ってこれます。
二つのルートの雰囲気を楽しめるし、ちょっとオススメでございます (^^)

富士登山31

一気に8合目
富士登山32

まだまだいたる所に残雪があります。
この場所は足元の土の下も実は氷だったりしてちょっと驚き。
富士登山33

皇太子殿下が歩かれたプリンスルート。
6合目から大砂走り方面に下りず宝永山馬の背へ向かいます。
富士登山34

宝永山馬の背から望む宝永山。
わずかな時間でしたが霧が晴れて姿を見せてくれました (^^)
富士登山35

宝永山馬の背から見下ろす宝永第一火口。
下から吹き上げる強烈な風を体に受け、富士山の雄大さを感じまくり。
富士登山36

今回ゴアテックス&ベルグテックの万全な体制で臨みましたが、
雨に降られることもなく超快適な登山となりました。

登山の上級者は独立峰な富士山はつまらないとおっしゃいますが、
ワタクシ的には未知な部分が多すぎてまだまだ何度でも楽しめそうです。
今回また一段と富士山が好きになりました (^^)

富士登山から4日経ちようやく普通にスタスタ歩けるようになったので。
次回の作戦を練りたいと思います。

富士登山5に今回の登山道をトレースした画像を追加しました (^^)

PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.26

富士登山3

9合5勺から山頂までを思い出しつつ。

強風で壊れてしまった鳥居と山ガール。
富士登山21
山ガール曰く「早く直して欲しいですね~」
作業される方は超大変だと思いますが、これをくぐるのも楽しみのひとつですからね、ごもっともでございます。

ブルドーザー道と西の空
青空なグラデーションと赤土に目がないワタクシのお気に入りの一枚 (^^)
富士登山22

萬年雪山荘を上から見下ろす
富士登山23

残雪の向こうに見えるは富士川と富士市の町並み
富士登山24

つっかえ棒で支えられる巨大な岩
万が一これが転がったら...ヤバイよ
富士登山25

巨大なドーナツが出現
富士登山26

富士宮ルート初登頂!
富士登山27
須走りルートに比べると険しさ1.5倍、富士山の男らしさ(?)を超感じるルートでした。
今回は時間を掛けた分だけ掛け替えのない思い出が詰まりました (^^)
次回からはどれだけ時間短縮できるか、自分の男らしさ(?)を感じてみたいと思います。

富士山火口
今年は雪が多いと言われていましたが一昨年に比べると全然少ない。
富士登山28

剣ヶ峰と残雪
こちらの残雪も少ないです。
富士登山29

頂上で休憩中
雲の動きがとても速い!
富士登山30

このあと直射日光を浴びながら30分程度仮眠...Zzzzz

つづく

PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.25

富士登山2

8合目から9合5勺までを思い出しつつ。

富士登山11

富士登山12

露出補正すると空が青くなくなってしまいますが、山ガール優先モードにてパチリ (^^)
富士登山13

富士登山14

富士登山15

富士登山16

お約束の実験君
外圧vs内圧は今回も内圧の勝ち
富士登山17

「みんなで守ろう、きれいな富士山」
富士登山18

富士山が2013年の世界文化遺産登録に向け正式推薦されましたが、
富士五湖や白糸ノ滝、三保松原などを含む約7万ヘクタールが推薦対象のようです。
登録されたら世界文化遺産の中で生活することが多くなるかもしれませんね...

富士登山19

富士登山20

つづく

PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.24

富士登山1

三年連続、三度目の富士登山、富士登山の誘いには首を縦に振ってくれる人がなかなかおらず
当初一人で行くつもりでしたが、Yさんがいやいや(?)同行してくださいました (^^)

今年の登山道は、登りは富士宮ルートで、下りは御殿場ルートで六合まで下りて
先日登りきれなかった宝永山馬の背(宝永山)を経由して富士宮口五合目に戻るルートをチョイス。

富士宮ルートの登りは距離約5km、高低差は富士宮口五合目2400mから頂上の浅間大社奥宮3715mまで1315m、
一般的な所要時間は休憩含まず約5時間で、速い人だと3時間程度で登ってしまう山頂への最短ルートです。
それだけに、足腰に自信がある人でも高山病に悩まされることが多いので要注意、
五合目駐車場で1時間程度身体を高所になじませつつ、23時過ぎにのんびりペースでスタート。

1時4分、新七合目より西の空をパチリ
富士登山1

2時13分、元祖七合目より東の空をパチリ
富士登山2

4時5分、ちょっと遅れ気味に八合目到着。
頂上はすぐそこに見えますが、なかなか近づきません...御来光拝観所よりパチリ。
富士登山3

ワタクシ頭痛、Yさん気持ち悪い症状が出ていたのでここで御来光を待つことに。

下界は超雲海でなんも見ません。
宝永山と宝永火口を入れて雲海をパチリ。
富士登山4

あの恐ろしく高く見えた宝永第一火口のすり鉢の上にいる...
そう考えると足元がムズムズ、実は高いところ苦手なのよ (^^;

しばらくすると、雲海をかき分けて太陽さんのご登場 (^o^)丿
富士登山5

富士登山6

すると、当然のように(?)雲がわいて出てきて、日の出とともに辺り一面真っ白に...
富士登山7

だいぶ遅れたものの雲で欠けた御来光をなんとか拝めました (^o^)丿
富士登山8

5時30分、登山再開。
富士登山9

太陽とともに上昇し雲を突破します。
富士登山10

つづく

PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.22

雲の向こうに木星食 と ONE OK ROCK

オオヨシキリ宅のそばで木星食を待ちましたが厚い雲に覆われ残念ながら見えず...

雲の向こうに木星食2

ひまわりと雲の向こうに木星食

代わりにオオヨシキリをたくさん撮らせてもいました。
オオヨシキリ風なスズメ
おっと、これはスズメちゃん (^^)

PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ


WKOさんの高校生になるご子息がドラムを始められたそうで、
「トレーニングドラムセットだけどドカスカ響いてうるさくてしょうがないんだよ~」
と嘆いておりました。

なんでもワンオクロックなるバンドのコピーなどをされているんですって...

「ONE OK ROCK」?

ボーカルは森進一・森昌子のご子息なんですね。

初めて聴きましたが、若さ溢れるパワーとオシャレで楽しいPVにしびれちゃいました。

あにき、うるさくなけりゃドラムじゃありませんぜ (笑)
ぜひPaisteのチャイナシンバルを2枚買ってあげてくださいませ (^^)

さて、ちょっくら登ってきます
今年も御来光を拝めるでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.21

木星食待ちでオオヨシキリ

一ヶ月ぶりのオオヨシキリ。
この日は木星が月の陰に隠れる木星食でしたが、
厚い雲に覆われていたのでオオヨシキリを待ちながら空を見上げることにしました。
オオヨシキリ1

一ヶ月前はとても賑やかでしたがこの日はたま~にギョギョシという程度でとても静か。
子育てがひと段落したのでしょうか。
オオヨシキリ2

ポリポリポリ
オオヨシキリ3

ギョギョシギョギョシ
オオヨシキリ4

そうこなくっちゃ(^^)
オオヨシキリ5

お子ちゃまかな?
葦の下の方で虫を銜えて出たり入ったり繰り返していました。
オオヨシキリ6

静かなオオヨシキリ...
それもまた楽しいものです。
オオヨシキリ7

また来年もよろしくお願いしますm(__)m
オオヨシキリ8

ギョギョシ!

PENTAX K-5
BORG77EDII + AFセット
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.20

塩辛い?トンボ

ハスカワ待ち中に飛んで来てくれたシオカラトンボ。
名前の通り本当に塩辛いのでしょうか。
塩辛い?トンボ

というか、粉の質感は写りませんでした...トンボもムズいぜ。

PENTAX K-5
BORG125SD + AFセット
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.19

アオバズク夫婦

こちらも毎年楽しみな公園のアオバズク。

仲睦まじい親鳥が雛の巣立ちを見守っています。

アオバズク夫婦2

アオバズク

下がると葉で見えなくなってしまうので、焦点距離短縮して収めてみました。
こういうシーンではちょいと青ハロが目立ちますねぇ。
純正レデューサーやフローライトも気になる今日この頃です。
気になるものが多すぎますよ (^^;

PENTAX K-5
BORG77EDII + Kenko AC CLOSE-UP No.3
BORG125SD + Kenko AC CLOSE-UP No.3
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.18

蓮カワセミ

久々のカワセミは、いつもの公園ではなく、ブラインド撮影でもなく中途半端な距離感。
カワセミ1

カワセミ2

今年こそ、蓮絡みの素敵な一枚をゲットするべく朝5時から待機。
蓮

3時間半後にようやく留まってくれた一枚。
蓮カワセミ
そうだよね、花びらなんか無い方がとまりやすいよね... (TーT)

換算1200mm超ではダイブにまったく反応できず (^^;
カワセミ3

リベンジを誓います。


本日よりCS6のお世話になります。
Camera Raw 7.0の「シャープ」と「ノイズ軽減」はとてもナチュラルでお気に入りですが、
やり過ぎて写真じゃなく絵にしてしまわないよう注意が必要です。

PENTAX K-5
BORG125SD + AFセット
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ


追伸

はりぃさんからご紹介頂いた「さようなら原発1000万人 アクション
20年前に同意しつつも何もして来なかったので、今回はワタクシも参加しようと思います。
まずは署名から


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2012.07.17

蓮とスズメ

日曜日の蓮公園にて。
蓮

恒例のハスカワを待っていると右前方にスズメちゃんが (^^)
皆さんスズメにはまったく興味が無いようで、私のシャッター音だけが響き渡ります。
スズメのブルブル

スズメちゃん

つづく

PENTAX K-5
BORG125SD + AFセット
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.16

雲と電線と富士山

本日の移動中の一枚。
進行方向の富士山がちらっと見えたのですぐに車を停めてパチリ。
雲と電線と富士山

先日のU字型の川からの雲と夕日絡みに期待していましたが
この数分後には富士山どころか空もまったく見えなくなってしまいました...(TーT)

こんなに大胆に電線を入れた富士山写真は他では見られないですよ~ (^^;

PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

追伸

ボーナスの時期です。
我が家の場合、ボーナス自体は一瞬で家と息子の学費に変わってしまいますが(生きるってお金が掛かりますねぇ)、
出る出ない多い少ないに係わらず日本経済を回すためにも自分へのご褒美としても何かと出費の必要な時期です。

昨年の凍死寸前な富士登山からゴアテックス貯金をしてきて、
レインウェアはノースフェイスにするつもりでゴアで最軽量のレインテックス プラズマを見てみたら緑or迷彩系な色が無く、
他メーカーも含め色々と迷い悩み考えた末、高校サッカーのスパイクと言えば(意味不明)やっぱりミズノでしょう...ということで、
100回洗濯しても水弾きの良い高性能レインウェア、ミズノのベルグテックにEXに決定。
お値段はプラズマの三分の一で、ゴアテックスに負けず劣らずと云われる性能に期待。

そして、富士山2回と鳥撮りの普段履きで愛用してきた2,980円なトレクスタのトレッキングシューズの次期相棒として、
メレルのカメレオンとモンベルのGORE-TEX ツオロミーブーツ ワイドと迷った末、
履いた感じでトレクスタのエボリューション(オレンジ)に決定。
ゴアテックスファブリック採用の最安値かな?快適に歩ければOKです。

帽子は既にゴアテックス迷彩を愛用しているので上から下まで防水透湿(Waterproof Breathable)対策はバッチリ、
これでもう凍死寸前になることは無いでしょう。

ということで、予定よりだいぶ予算が浮いたので、この勢いでずっと迷っていたCS6をポチっときました(^^)
撮影の下手さをソフトにカバーしてもらうというのもアレですが (^^;
Photoshopは写真屋さん&星撮りさんのデファクトスタンダードですから買える時が買い時ということで。

さあ、これで言い訳はできません。(もともと言い訳はしませんが)

最高に気に入っているレンズを自分の好きな組み合わせで好きなように使って、
最高に気に入っているカメラを自分の好きな設定で使って、
最高に気に入っている被写体を自分なりの接し方で撮って、
最高に気に入っているソフトで現像&画像処理するんですから。

これで良い作品を生み出せなければ、すべてワタクシの不甲斐無さ。
今後の修行のしがいがより一層高まるってものです。

これも、運命なんですね (^^)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2012.07.13

青空とろっくん

宝永山の前にこどもの国名物の"ろっくん"をパチリ (^^)
ろっくん2

後ろの富士山は雲の中。

PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.11

飲酒撮り

土曜日のイケメンおじさん達の集い。
いつもは早くても自宅に着くのが20時くらいのところ、この日は過去最速。
19時半にはホルモンを焼いていました (^^)

一次会終了、お酒を飲んだ後に階段がこんな風に見えたら要注意。
201207_imgp4789_700

201207_imgp4842_700

201207_imgp4853_700

201207_imgp4894_700

人の楽しそうな顔を見ていると、とても幸せな気分になります (^^)
201207_imgp5058_700


PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.10

富士山と天の川

9時過ぎに仕事を終え空を見上げると満天の星空。
プチ富士登山疲れもあり、風呂に入ってすぐ寝るつもりでしたが
気付いたらいつもの丘でカメラをセットしていました。

まずはざっくり構図を決めるために一枚パチリ。
201207_imgp5604_700

モタモタしていたら雲が出てきて
201207_imgp5605_700

きちんとピントを調整する前に星が見えなくなってしまいました(^^;
201207_imgp5610_700

今日の画角をステラナビゲータで見るとこんな感じ。
15mmならカシオペヤとはくちょうがすっぽり入りますが、17mmではちょいと中途半端。
201207_001

アンドロメダ銀河も早い時間に見えるようになってきているので来週の新月が楽しみです。

梅雨よ早く明けてくれたまえ~

PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2012.07.09

プチ富士登山

昨日は二日酔いで一日まったりしてしまったので、本日は午後からプチ富士登山 (^^)

2008年に皇太子殿下が富士登山された際のルート“プリンスロード”の
スタート地点である宝永山遊歩道あたりを散歩してきました。

プチ富士登山1

宝永火口までの山道。
マイナスイオンを浴び小鳥の囀りも聴けて超気持ち良い。
プチ富士登山2

標高2600mm付近でトンボを発見。
プチ富士登山4

宝永山遊歩道から見下ろす宝永第1火口、まだ少し雪が残っています。
プチ富士登山5

宝永火口から宝永山までのこのルートは砂走りと同じようにゆるゆるな砂のため
歩いても歩いても三歩進んで二歩下がる感じで前に進みません、まるでアリ地獄のようです。
もっと砂が乾いていたらかなりの体力を消耗することでしょう、プリンスロード恐るべし。

宝永山まであと少しのところで雨が強くなってきたので今日は途中で断念。

火口まで降りるとさっきまでの空模様が嘘のように明るくなってきました。
プチ富士登山6

宝永第1火口の底から望むすり鉢。
水ヶ塚あたりから見ても迫力ありますが、間近で見る大迫力な絶景にただただ感動。
プチ富士登山7
ここには人間より大きな岩がそこらじゅうにゴロゴロしています、
こんなものが上から転がってきたらジャンプして避けましょう (ムリ)

宝永第1火口から望む宝永山。
次回はあのてっぺんを目指すべし。
プチ富士登山8

西(静岡方面)の雲海
プチ富士登山9

東(神奈川方面)の雲海と宝永山
プチ富士登山11

宝永山遊歩道は気軽にアクセスできる割に富士山を満喫できるので超気に入りました。
頂上まで行く自信は無いけど富士山を歩いてみたいという方にも超オススメです。

晴れた日に再チャレンジします。

PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
PENTAX DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.06

梅雨晴れトンボとiPhone 4S

アオバトが来ないのでトンボをパチリ。
梅雨晴れのトンボ1

飛んでいればなんでも良い?  はい、そうなんです(^^)
梅雨晴れのトンボ2

梅雨明けしたら、今年こそドアップな飛翔を狙いましょう。

PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ


ついに我が家にもiPhoneがやって来ました (^^)
201207_imgp3430_1024

Apple製品は昔からエレガントな作りが大好きで、Performa 575、Performa 630、Performa 6420ときて、
Classic、Collar Classic II、IIci、Newtonなども収集し、iMacやPower Macにも行きたかったけど、
そんな余裕もなくなり組立てWindows PCに...
それから月日が経ち、少し前に娘にiPodを買い、今回このiPhoneはもちろん息子のもの。
(この調子で我が家にまたMacが来てくれたら良いなと思う今日この頃)

今年中にiPhone5が出る噂もあるので、ワタクシだったら今は様子を見ようと考えるところですが
滅多に物を欲しがらない息子が学校の情報を出先で入手できず悩んだ末の頼みなので必要な時が買い時でしょう (^^)

喜んでいるのは息子だけではなく、息子のお下がり「LUMIX Phone SoftBank 001P」がワタクシのもとに
GPS機能と歩数計とLUMIXブランドにニンマリです。
201207_imgp3441_1024

そして、2007年3月から5年4ヶ月頑張ってくれたサイクロイドなAQUOS 2nd MODEL、911SH
富士山近くの生活が始まった時から毎日お世話になっている相棒。
201207_imgp3431_1024

サイクロイドな構造はすぐにバラバラになってしまうだろうとと思いきや、数十回に及ぶ落下試験にビクともせず、
日常生活防水かと思うくらい幾多の水飛沫にもめげません。
これからもSIMカードを差し替えてたまに使ってあげようと思います。
ワタクシはまだしばらくガラケーかな。
201207_imgp3432_1024

201207_imgp3443_1024

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.05

マクロレンズで世界のフクロウ

1月の花鳥園より。

ベンガルワシミミズク
ベンガルワシミミズク

マゼランワシミミズク
マゼランワシミミズク

トラフズク
トラフズク

メンフクロウ
メンフクロウ

ハイガオメンフクロウ(シューちゃん&マッハちゃん)
ハイガオメンフクロウ

マゼランワシミミズク
マゼランワシミミズク

ナンベイヒナフクロウ
ナンベイヒナフクロウ

マレーウオミミズク
マレーウオミミズク

PENTAX K-5
TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしま~すm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.04

梅雨晴れのアオバト

青空がチラッと見えたので今年初のアオバトへGO!

梅雨晴れのアオバト1

梅雨晴れのアオバト2

梅雨晴れのアオバト3

梅雨晴れのアオバト4

梅雨晴れのアオバト5

梅雨晴れのアオバト6

梅雨晴れのアオバト7

雲が大きく切れて青空が出てくると~、アオバトはパタリと来なくなりました...

まぁそんなものですねぇ~ (^^;

海とBORG77EDII

またお邪魔します。

PENTAX K-5
ミニボーグ45EDII (MF,ME)
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.03

ウミネコの飛翔

ミャ~
ウミネコの飛翔1

ウミネコの飛翔2

ミャ~ミャ~ミャ~ミャ~
ウミネコの飛翔3

ウミネコの飛翔4

PENTAX K-5
BORG125SD (MF,ME)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.02

アオバズクの瞳

毎年楽しみにしているアオバズクとの出会い。
特徴的な瞳でしたので二年前と同じタイトルにて(^^)

右眼の瞳の左横の黒い物体は傷でしょうか、はたまた何かが貼り付いているのでしょうか。
201207_imgp2914_1500

前回よりは少し明るいものの、ISO感度を落としたいので相変わらずシャッタスピードは1/15~1/25sの超遅。
アオバズク2

出来るだけリラックスした表情を撮らせてもらいたくて、ライブビューのコントラストAFで顔にピントを合わせたら、
3秒毎にシャッターが切れるようインターバルタイマーをセットし、そっぽを向いてカメラから少し離れます。
こんなのどかな撮り方が出来るのはアオバズクならではですね (^^)
201207_imgp2891_1024

インターバル間に自分の好きなタイミングでシャッターを押したりもします。
アオバズク5

アオバズク6

名前の通り青葉が良く似合いますね (^^)

PENTAX K-5
BORG125SD (500mm,F4)
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012.07.01

ツバメの飛翔

毎年アマサギが来る田んぼを通過するとツバメが飛び交っている...
若も混じって行ったり来たり、飛行練習?採餌練習?

気付いたら小雨降るなか追い掛けていました (^^)

ツバメの飛翔1

1/500secでは完璧に同期しないと止まりませんね~
ツバメの飛翔2

ツバメの飛翔4

元はどよ~んと暗~い画像ですが、ちょいと華やかめに (^^)
ツバメの飛翔5

さすがにISO2000のトリミングは苦しい(^^;

ツバメの親子

ツバメとの10分間1本勝負、成果はイマイチでしたが久々に燃えましたよん。

PENTAX K-5
BORG77EDII + Kenko AC Close-Up No.3 (MF,ME)

ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »