« ダイヤモンド富士 | Main | 蒸気機関車 »

2012.04.16

星撮り準備中

購入したAdvanced-GTは極軸望遠鏡が別売りでしたので、
初心者らしくきちんと極軸を合わせるべくWebで情報収集していると
Advanced-GTな諸先輩方々からビクセンGP用が流用できるとの情報を入手。
オークションにも出品されている純正品と迷いましたが、なんとなくビクセンのGP極軸望遠鏡セットにしてみました。
201204_imgp1190_1024

とりあえず極軸望遠鏡の取り付けはOKのようです。
しかし、照明装置以外の付属品(極軸キャップ、赤径目盛環、赤緯目盛環、赤緯目盛環固定リング)は
使えずゴミになってしまうので、ちょっともったいない感じがしますねぇ。
201204_imgp1193_1024

ということで、次回は極軸望遠鏡の調整方法の勉強です (^^ゞ


そして、まだ極軸も合わせられないのにパソコンとコントローラを接続するケーブルを準備。
201204_imgp1200_1024

ホームセンターで電話の受話器に使われる4極4芯のカールコードを購入し、
いつか役に立つだろうとゴミ箱から拾っておいたRS-232Cケーブルとドッキング。
ピンアサインはマニュアルに記載されている通り、Advanced-GT コントローラー側のPhone Jackと
パソコン側のRS-232C D-Sub9ピンの2,3,5番ピンをそれぞれ接続します。
201204_imgp1202_1024

USB-シリアル変換ケーブルを介しパソコンとコントローラーを繋ぎ、
今回はとりあえずステラナビゲータの体験版で接続テスト。

ステラナビゲータのツール/望遠鏡コントロールにて、メーカー、望遠鏡、COMポートを設定し、
接続ボタンをポチっと押したらすんなりと接続完了。
20120414_000

接続するとコントロール用のダイアログボックスが表示され、カーソルボタンで手動操作が可能となります。
20120414_001

そして、導入したい星を選択し「導入」を押すと...赤道儀がウィ~ンと自動導入開始!
20120414_002

お~~ 感動です。

あまりの感動に、望遠鏡を載せず星の見えない部屋の中で
バーチャルな星を導入しまくってしまいました(^^)

さぁ、天文シミュレーションソフトはどれにしましょう。 迷います。

候補
 ・ステラナビゲータ
 ・THE SKY Version 6
 ・SUPER STAR 4
 ・Stella Theater
 ・StarGazer


PENTAX K-5
TAMRON 17-50mm F2.8 (A16)
ミニボーグ45EDII
画像クリックでフォト蔵へ

ポチッと応援よろしくお願いしま~すm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

|

« ダイヤモンド富士 | Main | 蒸気機関車 »

Software」カテゴリの記事

天体」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78150/54490063

Listed below are links to weblogs that reference 星撮り準備中:

« ダイヤモンド富士 | Main | 蒸気機関車 »