« ラジコンバギーと富士スピードウェイ | Main | NISMO FESTIVAL(その2) »

2010.12.06

NISMO FESTIVAL(その1)

日曜日のニスモフェスティバルより。
私が富士スピードウェイへ行く時は曇りやガスってることが多いけど珍しく晴天なり(^ー^)
NISMOフェスティバルに出向くのは3度目ですが、撮影目的は今回が初めてです。

ショップや展示車をざっと見たら、早速撮影ポイントを確認するためコカコーラコーナー(旧Aコーナー)へGO!
まずはレーシングカー同乗走行で練習。

ザナヴィ ニスモ GT-R
201012_imgp2079_1500

XANAVI NISMO Z
201012_imgp2162_1500

HIS ADVAN KONDO GT-R
201012_imgp2174_ll

MOTUL AUTECH Z
201012_imgp2116_1500

う~ん、ヤバイ。
まだ軽く流している程度ですが、久々の生レーシングカーは超シビレまくり。
アドレナリン出しまくりながら夢中で追い掛けます。

100Rの内側からNISSAN R390 GT1を撮りつつ(スピード乗り過ぎててムリ)
201012_imgp2369_1024

ヘアピンコーナーへ移動。
201012_imgp2358_1024

午前中のヘアピンコーナーは超逆光。
201012_imgp2434_1024

しばらくすると、隣に来られた方がボーグ60EDを取り出したではありませんか!(゜o゜)
201012_imgp2457_1024

挨拶程度の話しをして喜んでいると、もう一人の方が77EDIIをセッティング開始(゜o゜)
しかも純白無垢な鏡筒のままで、しゅう動ベースリング【9777】を光らせてます(^ー^)

(失礼な表現ですが)この人たちは絶対おかしいと思いつつ話しをすると、
なんと、中川さんのブログで素晴らしい画像が紹介されているトミーテックのMさんでした(^o^)
ボーグ談議に花を咲かせつつ、レーシングカーの流し撮り設定を伝授して頂きました。
Mさん、ありがとうございましたー!


ヒストリックカー エキシビジョンレースでは知人が乗るADVAN東名サニーが快勝。
TSカップではスターレットの宿敵、悔しいけど速いですねぇ。
201012_imgp2606_1500

201012_imgp2636_1500

鳥撮りな世界は狭いといつも感じていますが、ボーグの世界も、車の世界も狭いです(^ー^)

KENTさん、YJさん、お疲れ様でした~!

つづく

PENTAX K-5
BORG77EDII + M57絞り
画像クリックで拡大表示
元画像はこちら

|

« ラジコンバギーと富士スピードウェイ | Main | NISMO FESTIVAL(その2) »

Bike & Car」カテゴリの記事

富士山」カテゴリの記事

流し撮り」カテゴリの記事

Comments

おぉ!素晴らしい~。
被写体が大きくて、撮りやすそうな気もしますが、速くて難しいんでしょうね。
ちなみにssはどれくらいなのでしょうか?

Posted by: はりぃ | 2010.12.07 at 07:24

はりぃさん こんばんは。
被写体との距離にもよりますが、私が撮った位置からですと、
速さは目の前の川を飛ぶカワウくらいに感じました。
縮小画像ならなんとなくそれっぽく写ってるように見えますが、
タイヤを回転させて背景を流しつつ、
CFRPの模様や冷却口の網目などの細かいディテールを
ばっちり写そうと思うと、やはり難易度高いですね。
これもハマりそうです。

流す時のSSは1/200前後にしました。
もう少し落とした方がもっときれいに流れますが、
歩留りが一気に落ちるので、今回は歩留り重視にしてみました。
それでも全然撮れていませんが・・・(^^ゞ

Posted by: mouton | 2010.12.07 at 22:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78150/50222652

Listed below are links to weblogs that reference NISMO FESTIVAL(その1):

« ラジコンバギーと富士スピードウェイ | Main | NISMO FESTIVAL(その2) »