« 非常食(その2) | Main | オオルリ若とBORG71FL »

2010.07.15

茎わかめ三種

ここのところ、検索ワード“茎わかめ”でこれ運に訪れて頂く方もちらほら・・・。
そう、今やこれ運には、ヤマセミとBORGと茎わかめは欠かすことの出来ない存在でございます。(^ー^)

本日は、先日ダイソーでゲットしてきた茎わかめ三種を試食。

201007_imgp1500_1024

一つ目は、右側の“茎わかめ 梅しそ風味”(原産国:中国,輸入者:二幸商事株式会社
「良質な茎わかめを使用し、すっきりとした梅しそ風味に仕上げました。合成着色料、合成保存料は一切使用しておりません。食べやすいように個包装にしております。ちょっとおお腹がすいたときや毎日のおやつに、シャキシャキとした食感と梅しそのさわやかな風味をお楽しみください。」
とのこと。
中国産のジンバル雲台と中国犬をこよなく愛す私ですが、食べ物に関してはどうしても敬遠しがち・・。
しかし、茎わかめなら気にせず口に運んでしまいます。
醸造酢がちょっとあぶない香りをかもしちゃったりしてますが、お味はとても美味しゅうございます。

次に左側の“くきわかめ レモン果汁入り”(販売者:株式会社 友口
「三陸産わかめは親潮(寒流)と黒潮(暖流)が激しくぶつかり合う海で育った、肉厚で弾力のある素晴らしいわかめです。わかめの中茎にレモン果汁を加えて調味しました。さっぱりとしたレモンの酸味と、茎わかめの独特な歯ざわりを存分にお楽しみください。」
とのこと。
保存料はたっぷり入っていそうですが、国産ということで少し安心。(^^ゞ
個人的にはもう少しシャキシャキ感が欲しいところ・・・。レモンとの相性は抜群です。

最後に中央の“くきわかめ ピリ辛”(販売者:株式会社 友口
「三陸産わかめは親潮(寒流)と黒潮(暖流)が激しくぶつかり合う海で育った、肉厚で弾力のある素晴らしいわかめです。わかめの中茎を、ピリッと辛い唐辛子で調味しました。茎わかめの独特な歯ざわりを存分にお楽しみください。」
とのこと。
ピリ辛味は、辛いというほどのものではないですが、まったりしがちな茎わかめの味をビシッと引き締めていて、これはとても良いです。
肝心の歯ごたえがセブンイレブンで売っている茎わかめには及ばないので、「完璧」とは言えませんが、価格が半分であることを考えたらとても優秀。今回の中では一番お気に入りです。(^ー^)

そして本日の茎わかめのお供は、トマトと焼酎。

201007_imgp1505_1024

まな板を使わず、包丁を振り回してざくざく切ったトマトに、

201007_imgp1517_1024

焼酎の水道水割り。

201007_imgp1521_1024

むーん。
いつもながらいまいち美味しそうに見えませんねぇ。
テーブルフォトは(も)難しい。


ということで、IRON MAIDENで穏やかな時間を過ごしましょう。

The Number of the Beast

The Trooper

Run To The Hills

Aces High

最後は7分40秒の大作、Fear Of The Dark

|

« 非常食(その2) | Main | オオルリ若とBORG71FL »

Others Photo」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78150/48886225

Listed below are links to weblogs that reference 茎わかめ三種:

« 非常食(その2) | Main | オオルリ若とBORG71FL »