« 登山練習 | Main | バンド練習 »

2010.07.07

AF-BORG(その3)

久々の機材(BORG)ネタです。

3月にM57絞り 【7057】を入手しましたが、合焦パーツがドロチューブのみという超男らしい仕様のため、なかなか使う機会がありませんでした。
ようやくM57ヘリコイドLIIを入手できて組んでみましたので残しておきます。

201007_imgp9388_1024

前(左)から、
1.M68.8→M57AD【7507】
2.M57絞り【7057】
3.M57ヘリコイドLII【7860】
4.M57/60延長筒SS【7601】
5.2インチホルダーS【7508】(前側にKenko 52mm PRO1D ACクローズアップレンズNo.3を装着)
6.カメラマウントホルダーM【7000】
7.カメラマウント【5002】(PENTAX用)
8.PENTAX F AFアダプター1.7×
となります・・・。

今回、1~4が写真上のヘリコイドM【7835】と入れ替わります。
絞りが付いて可動距離が16mm増えましたが、重量は320g⇒326gと6g増で済みました。

最小絞りの図(最小径は5mm)
201007_imgp9389_1024

この組み合わせにするには、ちょいと加工が必要なので簡単に紹介します。
従来はクローズアップレンズがヘリコイドM【7835】に潜り込むかたちになっていましたが、
最小内径56mmのヘリコイドM【7835】に対し、M57ヘリコイドLII【7860】は最小内径51mmのため、
直径54mmのクローズアップレンズを今までのように潜り込ませることが出来ません。
寸法はカタログに書いてありましたが、M57ヘリコイドLII【7860】が手元に来てから気付きました・・・。(^^ゞ

そのため、上記4番のM57/60延長筒SS【7601】を追加購入しました。
しかし、M57/60延長筒SS【7601】は最小内径53mmで、そのままではクローズアップレンズが入らないので、下記の要領で1mmちょっと広げました。

使用したのは百均で売っているドリル用ヤスリ60番。
201007_imgp9365_1024

ヤスリをドリルに装着。
201007_imgp9374_1024

軍手をして親指と人差し指でリングを持ち、
リング外周に傷がつかないようダンボールなどの敷物に乗せ、
ヤスリを筒の中に入れたらドリルをスイッチオン。

ヤスリを下方向に押し付け、親指と人差し指輪の力を抜くと、リングがクルクル回転し始めます。
ドリルの回転は速すぎず遅すぎず、リングの回転とヤスリの押し付け力とを微妙に調整すると、
面白いようにアルミの切削粉がたくさん出てくるツボがあります。
その状態をうまくキープしていると、ほんの数分でキレイに削れます。

before
201007_imgp9371_1024

after
201007_imgp9375_1024

そして、いつものAF-BORGセットに装着します。

before
201007_imgp9382_1024

after
201007_imgp9380_1024

アルミ地が出た部分を艶消し黒で塗装したら完成です。
M57ヘリコイドLII【7860】の後に接続します。

201007_imgp9394_1024

M57絞り【7057】の取り付け位置が対物レンズからだいぶ離れているため、
絞り効果は限定的ですが、これでシャッタースピードを(遅くする方に)自在にコントロール出来るようになりました。
基本的に絞りはマニュアルフォーカスする時に使用しますが、この時期、
グリスが柔らかくなっていて絞り羽がサクサク動くので、AFと合わせても楽しめそうです。(^ー^)
もちろん、ドロチューブ以降は77EDIIにもそのまま使えます。

絞り開放
201007_imgp9412_1024_2

4段絞り
201007_imgp9414_1024

機材ネタついでに、梅雨仕様のBORG125SDを紹介します。(というほどたいしたものではありませんが)
ホームセンターで売っている300円くらいのペラペラな雨具パンツに撥水スプレー加工を施し、片足はBENROと三脚に通し、片足にBORG125SDを突っ込みます。そして、ウエストの位置をドロチューブ&ヘイコイドの操作しやすい位置に調整して輪ゴムでとめたら完成です。(^ー^)
若干両眼視の妨げになるものの、薄いので許せる範囲です。

201007_imgp9392_1024


更に勢い余って、迷彩仕様のBORG125SDを紹介します。
以前、スッピン宣言して白い鏡筒のままで持ち歩いていましたが、何せお借りしている物ですので、傷を付けないように気を使うのが大変で、最近は結局迷彩仕様になっています。

201007_imgp9398_1024

ポイントは、百均でも売っている自動車の車内などで使う滑り止めシートです。
傷防止だけでなく、衝撃などによる光軸ズレの恐怖から守るために(特に125ED)巻いています。
メッシュ状になっていて程よい弾力のため、機能的にはカメラレンズの皆さんが装着されているネオプレンゴムに匹敵すると思われます。ちょっとオススメです。(^ー^)

そして、はりぃさんに分けて頂いたホビーズワールドの弱撥水加工が施されたナイロン製迷彩布に、マジックテープを縫いつけ上から被せたら出来上がり。
77EDIIに貼っている迷彩テープより少しお上品な感じでしょうか。

201007_imgp9407_1024

201007_imgp9409_1024

201007_imgp9402_1024

201007_imgp9403_1024

鳥にとっては白であろうと迷彩色であろうと関係無いでしょうけど、
やはり迷彩色は自然に溶け込めそうな気がします。(^ー^)
鳥にも写真にも興味の無い人はドン引きですが・・・・(^^ゞ

PENTAX K-7
PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL


関連エントリー
SCOPE LIFE 「ヘリコイドMサポートAD」(愛称「IT-リング」)
K-7+AF-BORG(77EDII)の適正露出化
AF-BORG(その3)
AF-BORG(その2)
AF-BORG

|

« 登山練習 | Main | バンド練習 »

125SD」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78150/48821365

Listed below are links to weblogs that reference AF-BORG(その3):

« 登山練習 | Main | バンド練習 »